緊張して震えや腹痛がでやすいあなたに

緊張して震えや腹痛がでやすいあなたに

緊張して震えや腹痛がでやすいあなたに

緊張してすぐに震えや腹痛が・・・・


 大事な試験や試合の前、授業中の発表、就職での面接や取引先でのプレゼン・・・。

 これまで、人前でなにかをするときはいつも、緊張から体中震えたり、腹痛に襲われたりしていました。

 そのせいで、試合に負けたことや試験や面接に集中できなかったり、発表で言いたいことをまったく伝えることができなかったり・・。さらに、そうした経験がよりいっそう緊張へとつながってしまう悪循環に悩まされてきました。

 緊張しないように、さまざまなアドバイスを受けてきましたが、そのときのことを考えるだけで震えてきてしまう状態で、まともに人前でなにかをするということは到底考えられませんでした。


 そんなとき、同じように緊張しやすい友人から教えてもらったのが、元アナウンサー西村順氏が教えるあがり症克服講座だったのです。

 この方は、もともと小学校のときは授業で教科書を読むこともできないほどのあがり症だったにもかかわらず、アナウンサーとして人前でニュースなどの原稿を読むお仕事をしてきた方で、現在はコミュニケーションの専門家として活動なさっています。

 私自身、授業中の発表で悩んできたこともあり、同じような悩みをもっていた人がどのようにして緊張からくる震えや腹痛を克服したのかとても気になり、早速あがり症克服講座を体験してみたのです。

 
 まず驚いたのは、あがり症にもさまざまな種類があることでした。

 私のように震えや腹痛にくる人もいれば、汗が止まらなくなる人や赤面してしまう人、声が出せなくなってしまう人など、同じ緊張でもさまざまな症状があるのです。

 
 そこで、まずは自分のあがり症がどのようなものであるのかをチェックし、その症状にあった克服法を行う必要があるようでした。

 さらに、スピーチに自信をつけるトレーニングもあり、1日わずか3分で十分な効果がみられます。

 そもそも西村氏の考えるあがり症というものは、もともとあがり症なのではなく、コミュニケーション能力が低かったり自信がないことから悪循環が起こり、あがり症になるというものです。


 実際に私の場合、これらのトレーニングを始めて2週間ほどで話す事に緊張しなくなっていき、次第に発表の前でも体の震えや腹痛を感じることがなくなっていきました。

 
  これらの方法は、緊張やあがり症によって失敗したことのある人ならば、誰にでも効果のある方法だと思います。

  あなたの緊張によって起こる悩みも、こうしたトレーニングを繰り返すことで悩みが改善されていくはずです。

  コミュニケーションの第一人者の講座ですので、 仮になんの効果もなかった場合、かかった費用は全て返金してもらえるので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか? 

緊張して震えや腹痛がでやすいあなたに

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ