ミニバス 初心者 練習法

ミニバス初心者にお薦めの一人でもできる練習法

ミニバス初心者にお薦めの一人でもできる練習法

ミニバスを始めたばかりなら


 手に吸い付くようなドリブル。相手を惑わすパス。正確なシュート。

 ミニバスを始めると、こうした技術をいつか身につけたいと思うはずです。


 ですが、多くの子どもは練習をがんばってもなかなか上達しなかったり、

 どのような練習をすれば上達できるのかわからずに悩んでいるのです。



 ミニバスの初心者に多く見られるのが、

 シュートが苦手だったりドリブルが苦手だったりして

 どんどんと消極的なプレーになってしまうことです。


 バスケットボールは試合中コートに5人しかいませんので、

 消極的なプレーをしていると

 ボールに触る回数がどんどんと少なくなっていってしまいます。


 その結果ミニバスがつまらなくなったり、

 ますます苦手意識がついたりしてしまうのです。



 それでは苦手意識を取り除くにはどうすればいいのでしょうか?


 それは、効率のよい練習を

 毎日少しの時間でいいのでコツコツと行うこと
です。


 チームでの練習のほかに自分の家の前や公園など

 ちょっとしたスペースのあるところで

 1日5~30分練習を行うだけで、

 かならず苦手意識を取り除き試合で積極的なプレーができるようになります。



 ただし、やみくもに30分練習しても効果はありません。

 そのための効率のよい練習法をまとめたのが、

 NBA解説者としておなじみの中原雄氏です。



 長年NBAや日本のトップレベルの選手と触れ合い、

 練習法を研究してきた中原氏が伝えたいこと。


 それは、トップクラスの選手の基本技術の高さです。



 彼らは、小さいころから基本的な技術を伸ばすための練習を

 コツコツと行ってきているのです。


 そして基本がしっかりしている選手は、

 才能に関係なく試合で安定して活躍することができるのです。


 
 世界を見てきた中原氏がミニバス初心者に自信を持ってお薦めする

 「一人でもできるバスケットボール上達法」。

 ぜひ一度ご覧になってみてください。


 もし効果がでなかったら全額返金してもらえる保証付きです。 

ミニバス初心者にお薦めの一人でもできる練習法

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ