ミニバスケットボール 練習

ミニバスケットボールが短期間で上達する練習法とは

ミニバスケットボールが短期間で上達する練習法とは

ミニバスケットボールの試合で活躍したいお子さんに


 ミニバスケットボールを始めて、一生懸命練習してもなかなか上達しない。

 クラブでの練習が終わると、自分でどのような練習をしていいかわからない。

 試合になると緊張して練習のときのプレーができない。

 短い練習時間でも効率よくミニバスケットボールが上手くなりたい。



 あなたのお子さんはこのような悩みを抱えてはいませんか?



 ミニバスケットボールの難しい点は、

 チームでの練習以外に練習時間をとりにくい
ことです。


 庭にバスケットゴールのある家などそう多くはありませんし、

 公園にバスケットコートがある地域も非常に限られています。



 サッカーのようにゴールを気軽に作ることができず、

 上手くなりたいと思ってもどのような練習をしていいかわからない

 という方も多いのです。



 ですが特にミニバスケットボールの場合、

 才能よりも基本的な技術が身についているかいないかで

 試合で活躍できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。


 そのためには、効率よく基本的な技術を身につける必要があります。



 NBAの解説をしている中原雄氏は

 トッププロの基本的な技術の高さを痛感し、

 才能のある選手でも基本技術を小さいころから身につけている

 という点に着目しました。



 実際に中原氏が日本で基本技術を効率よく学ぶ練習法を教えている子どもは、

 1日5~30分という短い時間の練習でも

 わずか数ヵ月後には見違えるほど

 ドリブル、パス、シュートといった技術が向上しているのです。


 
 さらにこの練習法のすごい点は、

 わずかなスペースがあれば自分ひとりだけでも行える練習法である

 ということです。


 一緒に練習する相手がいなくても、

 ゴールやコートがなくてもできる練習法になっています。



 もしこの練習法で練習しても技術が上達していない

 と感じる場合でも安心な全額返金保証もついています。

 ぜひあなたのお子さんのレベルアップにお役立て下さい。

ミニバスケットボールが短期間で上達する練習法とは

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ