字 きれい

きれいな字を書くための上達プログラム

きれいな字を書くための上達プログラム

文字を書くのが苦痛でした


 私は字を書くのがとても苦手でした

 小学校のころから文字のバランスがうまくつかめず、

 きれいに書いているつもりでも後から見直してみると文字はぐちゃぐちゃ・・・。


 高校のころ、あまりに自分の字がひどすぎて

 親に懇願してペン字教室に通ったこともありました。

 ですが、何カ月してもまったく文字のバランスは改善されません。

 教室の先生も首をかしげるばかりで、

 だんだんといづらくなって自分から辞めてしまいました。



 社会人になってからはますます状況はひどくなるばかり。

 書類や契約のサイン、冠婚葬祭の署名など、

 自分の文字を見た人の多くが殴り書きで書いたと思っているようでした。

 実際に友人にも冗談交じりに指摘され、

 自分ではきれいに書いたつもりでいたのでとてもショックでした。



 決定的だったのは旅行の申し込み用紙に記入しようとしていたときに、

 さりげなく彼氏に言われた一言でした。



 「それ正式な書類だから自分が書くよ。その方がわかりやすいし」



  もちろん悪気があったわけでも、馬鹿にしているわけでもないのはわかっています。

 ですが、その時は本当に自分のことが嫌になりました。

 そんなときの見つけたのが「21日間ペン字上達プログラム」でした。



 これは、自宅でできるペン字上達プログラム

 5つのルールを覚えることできれいな字を書けるようにする上達プログラムです。

 これまでのペン字上達法でも上達できなかった人も上達していて、

 97%もの人が上達を実感しているプログラムでした。



 さらにもし上達を実感できない場合は全額返金制度もあるなど、

 リスクはないといってもいいところにも惹かれました。



 練習は1日15分程度。

 効果は3週間ほどででるということで、

 その間は家族や彼氏はもちろん、

 会社の同僚にもなるべく文字をみせずに過ごしました。



 そして3週間後。彼氏に手紙を書いて渡してみると、

 まず第一声が「誰に書いてもらったの!?」でした。



 それからその日はいろんな字を試しに書かされ、驚かれ、

 これからは署名は全部まかせる!と言ってくれたのです。



 以前は考えるだけで憂鬱になっていたペン字ですが、

 今では必要以上に文字を書きたいと思えるほど

 文字を書くのが楽しくて仕方がないんです。




 1日たった15分の練習でここまで変わることができたのは、

 間違いなく21日間ペン字上達プログラムのおかげです。

 あなたも、3週間の練習で周りをびっくりさせてみませんか?

きれいな字を書くための上達プログラム

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ